レッスン

歌がうまくなるためには?

RESOUNDのボイトレ理論

「歌を歌う」そして「声を発する」ということは 何も喉だけを使っているわけではありません。

vocal school RESOUNDでは 3つの要素を用いて 身近な改善点から目標とする発声までを導き出すボイストレーニングを行っています。

 

 

筋力

筋肉の動きには 日常生活の癖がよく表れます。
例えば、大声で喋りがちな方は喉周りの筋肉が硬く 力が入りやすかったり、逆にボソボソと喋りがちな方は 適切な筋力が働きにくかったりします。

普段の喋り方からくる癖や 喉周り、肩周り、そして表情筋の動きと 力の動き等を「声」から分析して、声の出し方、適正な筋力の使い方をレクチャーいたします。

もちろん 普段のコミュニケーションや ビジネスに活かすための日常会話の発声もレッスンいたします。

 

 

呼吸

声を出す上で 空気は必要不可欠です。呼吸が豊潤でなければ、豊潤な声は出ていきません。

ここで仮に、肺を「空気が出入りするゴム風船のようなもの」だとイメージしてみてください。

空気がたくさん入れば 大きく膨らみ、空気が抜ければ しぼみます。
しかし、このゴム風船を覆うようにカバーしている肋骨、更に その周りにある筋肉、これらが硬く力んでしまっていたら どうでしょうか。
せっかく空気がたくさん入ろうとしても膨らみを制限して、圧迫感を感じてしまったり、思ったよりも空気が入らないはずです。

歌う呼吸で必要なのは力の入れ方ではなく、力の抜き方です。

私が「腹式呼吸」をレッスンに取り入れない理由も、ここにあります。
レッスン内では、より肺の動きや呼吸の気道を意識できるようにトレーニングして、実践で十分に声を出しやすくなるよう 本来の適切な呼吸を目指します。

 

 

共鳴

よく人の体は楽器だと言われますが、皆さんは、この意味がわかりますか?音は振動で伝わります。
空気の振動が耳の中の鼓膜へ。それを脳が受信して私達は「音」を認識します。
自ら発声した声は骨伝導と言って、骨の振動伝達で鼓膜へ。そして脳へと信号が到達します。
そうです。

私達の骨は知らず知らずのうちに響いているのです。

皆さんは アコースティックギターをご覧になった事はありますか?
木でできたボディの真ん中に、まん丸の大きな穴が空いていますよね?あれは「 サウンドホール」といって、中は空洞になっています。
ギターは、つま弾いた弦の音がサウンドホールに入り、ボディ内で 音がぶつかり合い増幅して外へと広がります。
要は、トンネルみたいなものですね!

 

それでは、私達の体をアコースティックギターに例えてみましょう。

 

ギターのボディ、これを私達の骨だとするならば、弦は声帯です。
それでは、サウンドホールは …

鼻の内部にある 「鼻腔と副鼻腔」です。
ここで見落としがちな重要な点があります。

ボイトレのイメージって 腹式呼吸でお腹周りや腰、喉周りばかりを意識する印象ではないですか?

実は、それら以上に 鼻腔の状態が 非常に重要なんです!

鼻づまりであれば、サウンドホールも詰まってる状態です。
...はたして 綺麗な音は出るでしょうか?

ボイストレーニングで いろいろな筋トレ、声の出し方、呼吸を鍛える。

それ以前に 鼻腔の響きを確保しなければ、十分に意味があるとは言いきれません。

これは、全てに繋がります。
響かないから、力押しで力もうとしたり、声が抜けないから大きな声を出そうとします。詰まっているから苦しくて、余計に力む。
さて、力むとどうなるか…。
骨伝導を しっかりと活かせなくなります。

振動しているものに手を触れたら、振動が弱くなる、もしくは止まる、いわば「ミュート」です。

骨の振動を筋肉の力みでミュートした形になります。

逆に、鼻腔の響きを使えるようになると、
声は抜けるので 力む必要もなく出しやすくなります。呼吸も楽になりますので、歌いやすいはずです。

私は この鼻腔の響き、骨伝導の響き、いわゆる 声の「共鳴」を聴いて、実際に目で見て、いち早く状態を把握します。

その上で適切な力の入れ方や、意識するポイントをレクチャーいたします。
レッスンの中で 鼻腔のケアのアドバイスもいたします。
この「共鳴」を活かして発声すれば、今よりも言葉が相手に伝わるようになるはずです。