ボイトレ

ビブラートのコツと練習法!

 

 

 

 

こんにちは。

池袋のボイストレーニング教室

vocal school RESOUNDの松永 英士です。

 

 

突然ですが、ビブラートを綺麗にかけて歌っているとかっこよく聴こえますよね。

やはり、レッスン中でもビブラートのコツについて、よく質問をいただきます。

今日はビブラートのコツと練習法について説明していきますよ!

 

 

 

まずは 今現在あなたがどんなビブラートを使っているか、もしくは どんなビブラートをゲットしたいかをイメージして 対応策を考えましょう!

 

ビブラートには 僕の認識では4タイプあります。

  

①喉を震わせるビブラート

よくみなさんが知らず知らずのうちに使っているビブラートがコレです。
喉を小刻みに震わす事で音の揺れを作ります。
ヤギみたいなメェ~の震えをイメージしていただけたらいいかと思います。

 

②音程の上下で作るビブラート

例えば 高めに「えー」と発声し、次に低めに「えー」と発声します。だいたいその間 半音ぐらいの差でしょうか。
それを行ったり来たり「えー↑えー↓えー↑えー↓」と発声しながら どんどん早くしていきましょう。
そうすると音程差で揺れて聴こえるはずです。
これは オペラや演歌でよく用いられるビブラートです。
ビジュアル系でも使ってる人もいます。かなりダイナミックなビブラートです。

 

③口内共鳴の変化で作るビブラート

まず、仮に同じパワーと息で声を出すとします。
口が大きく開いて口内空間が広いとピッチは高めになります。
その反面、口の開きが狭くなり、口内空間も狭くなるとピッチは低くなります。
これは、声という音が共鳴する範囲、つまり共鳴空間の変化によって起こるものです。
これをビブラートに応用します。
声を出しながら、軽く口を細かく動かします。イメージとしては、「あ」を発声したまま顎を細かく動かします。
これにより、口内空間の変化が交互に起こり、ピッチも交互に変化します。
ちょっとコントロールは難しいビブラートになりますが、昭和歌謡の歌手や演歌歌手の方で使っている方をよく見かけます。

 

④母音で押すビブラート

ビブラートは 基本的にフレーズの語尾のロングトーンなどに入ってくることが多いです。まずは、語尾で伸びている母音を意識します。「愛してる」なら「愛してる・うー」です。「イエー」なら「イエ・エー」です。
この語尾の母音をひたすらまっすぐ伸ばします。この時 音程がブレないように注意しましょう。ブレる場合は 息を吐きすぎか、足りないかもしれません。音量もさほど大きくなく軽く伸ばしてみてください。
そして、伸ばせたら母音をポンポンと断続的に前に押すイメージで発声します。文字にすると「あぁあぁあぁあぁーー」といった感じです。
最初はドアをノックをするジェスチャーに合わせてやると感覚が身につきやすいです。
これが1番文字では1番イメージつきづらいかもしれませをが、このビブラートが1番音程のブレが少ないです。

 

 

 

さて、前置きが長くなりましたが、練習法としましては
まず、ゆっくりなテンポからゆっくりな音の波を確実に作る練習がオススメです。

 

メトロノームのような等間隔でテンポを刻むものを用意していただき、これに合わせて ビブラートを作っていきます。
最初は だいたいBPM80ぐらいがいいでしょう。
そして、確実に合わせられるようになったら 10上げてBPM90。
できたら また上げるの繰り返しで、だいたい130くらいを目指します。

 

ビブラートは、まっすぐなロングトーンができることが前提となります。
ゆっくりのテンポで一緒にロングトーンも鍛えちゃいましょう!

よくビブラートはお腹で支えるや、横隔膜を揺らすと言いますが、これは 身体の体感が物を言うので ちょっと難しいです。
焦って早いビブラートを作ろうとすると、ぐちゃぐちゃになりがちなので、上記の練習が僕の経験上1番確実で、意外に習得が早いです。

 

 

綺麗なビブラートは 等間隔の音の振幅と波長にあります。

 

 

要は 「あぁ〜あ」から次の「あぁ〜あ」までの間隔が同じで、音量も同じであると事が言えます。あとは、これの連続で綺麗なブレのないビブラートになります。
動画でも解説しておりますので、是非 参考にしてみてください。

 

 

ご質問・疑問等のお問い合わせは、下のLINE@か メニュー内のお問い合わせフォームから お気軽にどうぞ!

 

 

それでは!

 

 

 


↑↑ LINE@はじめました! ↑↑

ID→@ewi9862i

歌やボイトレに関する質問に なんでもジャンジャンお答えいたします!

お気軽に友だち追加お願いいたします!

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です