ボイトレ

歌詞を歌う上で母音は命!

 

 

 

 

こんにちは。

池袋のボイストレーニング教室

vocal school RESOUNDの松永 英士です。

 

 

今日は、歌う上で是非とも意識していただきたいポイントをご紹介します。

 

 

 

たまに、「歌っていて言葉がハッキリしない」というお悩みをいただくことがあります。

例えば、ご自身の歌を聴いた時に、「言葉がぼやけている」であったり、「歌がだらしなく緩く聴こえてしまう。」「活舌が悪く聴こえてしまう。」

こんな状態にありがちなのが、

 

母音が弱い

 

ということが考えられます。

 

母音が弱いとはどういうことなのか。

私たち日本人の母国語は日本語ですが、日本語の土台は「あ/a」「い/i」「う/u」「え/e」「お/o」の五つの音、いわゆる母音なのです。「ん」以外の全ての音の中にこの母音が入っています。

アルファベット表記にすると とてもわかりやすいです。

例えば

か = ka

つ = tsu

しょ = sho

で = de

適当に表記しましたが、ご覧のようにアルファベットにすると子音(sやkやtなど)の後ろに「あ/a」「い/i」「う/u」「え/e」「お/o」のうちのどれかがくっついてます。

したがって、

 

私たちが日本語を発声する上で母音は切っても切り離せない存在なのです。

 

しかし、普段歌っている中で母音を意識されている方は、どのくらいいらっしゃるでしょうか。これは、歌だけではなく普段の会話でも同じことが言えます。

母音がブレると言葉もブレます。今日は母音にフォーカスを当てたシンプルな方法でのトレーニングをご紹介いたします。

声優、アナウンサーを目指されている方も、ここはよく意識していただけたらと思います。

 

 

まずは、歌の歌詞、原稿、雑誌や小説、新聞、なんでも大丈夫です。お好きなものご用意ください。

そして、それを音読します。しかし、普通に音読するのではなく、母音で音読してみてください。

例えば、「こんにちは。今日は天気が良かったですね。」という文章があるとします。

これを母音だけで音読すると、

「おんいいあ。おうあえんいあおあっあえうえ。」となります。

こうすることで発声の中の母音の意識を鍛えることができます。

最初はどれがどの母音か瞬時に判断するのが難しいかもしれませんが、ゆっくりでも構わないので的確に発声してみてください。

そして、慣れてきたら全部の音がブレないように、しっかりとまっすぐ発声するイメージで声を出します。途中で、声が揺れないように注意してください。

歌詞で練習される方は、母音のままメロディをつけるとより効果的です。

 

シンガーや、声優、アナウンサーなど声と言葉を届ける方たちの言葉は聞き取りやすいですよね。

それは、ただ単に発声が良いだけでなく、こういった部分も大事な要素になってきます。何も声さえよければ、発声がよければ、というわけではないんです!

いろんなエッセンスが混ざりあって、その人の声や歌のキャラクターができています。細かい部分ではありますが、言葉を口にする上で とても大事なポイントです。

「なんか普段の会話でハキハキしゃべれないなー」という方にも今日の内容は有効です。

頑張って練習してみてください。

次回は、今日の内容を歌詞や言葉に繋げていくお話をします。

お楽しみに!

 

 

ご質問・疑問等のお問い合わせは、下のLINE@か メニュー内のお問い合わせフォームから お気軽にどうぞ!

 

 

それでは!

 

 

 


↑↑ LINE@はじめました! ↑↑

ID→@ewi9862i

歌やボイトレに関する質問に なんでもジャンジャンお答えいたします!

お気軽に友だち追加お願いいたします!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です