ボイトレ

ハイトーンを目指せ!④ 声が不安定になりやすいなら 軟口蓋をあげよう!

 

 

 

こんにちは。

池袋のボイストレーニング教室

vocal school RESOUNDの松永 英士です。

 

 

 

 

「ハイトーンボイスを目指せ!」シリーズ 第4弾です!

ハイトーンボイスを目指すにあたって、弱点と合わせて 改善に役立つ基礎練習の解説をしていきます。

 

みなさんの発声タイプを 男女合わせて計4パターンに分けることができます!という内容の記事を書いてありますので、もしまだご覧になっていないという方は 是非 以下のリンクから ご覧になってください。

 

ハイトーンを出すために…

 

 

そして今日は 、その「ハイトーンを目指せ!」シリーズのVol.4として、発声タイプ別のアドバイスを書いていきたいと思います。

ただし これは、典型的なパターン向けの大まかな説明になります。人によって 癖など様々です。これにより、レッスンでは、内容が更に細かくなりますのでご 了承ください。

 

 

上記でも述べましたが、当スクールでは 発声パターンを男性を「ナチュラルタイプ」、「ミックスタイプ」、女性を「ナチュラルタイプ」、「ファルセットタイプ」の計4つに分類しています。

 

昨日までは男性ナチュラルタイプの改善点と練習法の説明を行ってきました。

そして、今日は男性ミックスタイプに移っていきましょう。

ミックスタイプとは、割と喋り声が高めな方に多いです。俗に言うミックスボイスに近い声です。このタイプの方は声帯閉鎖が自然とできていて 割と声帯の伸縮性もあるため、ナチュラルタイプの方よりは声質がキンキンとしていて、高い声が出やすいですが、呼気と音圧が弱いのと不安定に揺れてしまいやすいのが特徴です。

 

さて、ここで本題に入る前に 声帯の伸縮性の説明をしておきましょう。まず 輪ゴムをイメージしてください。輪ゴムを人差し指と親指に引っ掛けてビヨーーンと引っぱってください。その状態のまま 別の指で弾くと ビーンビーンとピッチの高い音がします。そして、緩めると音程は下がります。実は、これと似たことが声帯にも起こっています。この「声帯の伸びやすさ」それを僕は「声帯の伸縮性」と呼んでいます。

 

ミックスタイプの方は力を入れずとも、この伸縮性のおかげで高音が出やすいです。しかし、力を入れずとも伸びてしまうため、うまく保持ができず音が揺れたり、声質の高音部分が強くなりすぎて キンキンしたりします。

中には、それらを安定させようと力を入れるのですが、顎やベロの付け根の舌根に力が入ってしまい、軌道を狭くしている方を たまに見かけます。結果 疲労感や息が続かないといったことに繋がります。むやみに 力を入れるのではなく、適正なポイントを覚えることが先決です。

それでは、どのようなトレーニングで改善を図るべきか説明していきます。

パターンとしては以下の通りです。

 

↓↓男性ミックスタイプの改善点↓↓

・軟口蓋をあげる

・呼気圧を強くする

・キープ力をつける

 

では、今日のトピック「軟口蓋を上げる」にまいりましょう。

これは以前 ブログでとりあげました。

 

軟口蓋は 口と鼻を繋ぐ通り道付近のことを言います。

ミックスタイプの方には、この軟口蓋のコントロールを是非覚えていただきたいと思います。

ちゃんと空気を吐こうとしても、軟口蓋が硬くなっていたら うまく鼻腔に息と音が入っていかないので、豊潤な響きが得られにくくなりますし、声帯や喉周りの使い方が良くても、呼吸のフットワークが良くても、軟口蓋の力の入り方で声色は 大きく変わってきます。

以前にもお教えしたエクササイズで軟口蓋の感覚を作っていきましょう。

過去に軟口蓋の記事を読まれた方はおさらい程度にご覧くださいね!

 

 

 

 

それでは、まず 口にゆでたまごを丸々加えたイメージをしてください。

ベロは下に下がり、口の中の空間が広がるはずです。

その状態で鼻から呼吸をしてみてください。何やらスースーする感覚が喉ちんこあたりにあれば それが軟口蓋が上がっている状態で、鼻と口の通り道がしっかり開いています。その感覚を覚えておいてください。

 

そして舌根(喉元にあるベロの付け根)が下がっていることにより、喉回りや顎に若干の力みを感じているかもしれません。オペラや声楽ではその形でいいのですが、ポップやロックを歌う場合、その力みは邪魔になります。たまごを丸々加えたイメージの状態から下がったベロを元の位置に戻します。

力を抜いて戻すというよりは、動かして戻すという感じでしょうか。わかりずらい場合は、舌先を下の歯につけてください。鏡を見て目視でコントロールするといいですよ!

どうですか?できましたか?

すると軟口蓋だけが上がった状態になるはずです。そのままキープしてみてください。これも筋力の運動です。

 

歌う時もその筋力が動く事で、軟口蓋が上がり、息と声がより鼻腔に到達しやすくなり、声が響きはじめます。

スムーズに軟口蓋だけが上がればOKですが、なかなか軟口蓋だけ動かせなかったり、喉に力みが出る場合は上記の行程を繰り返して感覚をつかんでみてください。そんなに大きな力は必要ありません。再び 口を開けて鏡を見てみるのもいいですね!うまく軟口蓋が上がっていると 喉ちんこも上に上がります。目視で確認して力加減を理解するのも手です!

 

最初は軟口蓋を上げるだけ。

慣れてきたら 言葉は曖昧で構わないので、軟口蓋を上げたままメロディーをつけ、また慣れたら言葉にしていく。

こういった流れでトライしてみてください。

うまくコントロールできるようになったら息の流れや 声の厚みが変わってきているはずです。

 

もし この記事ではわかりづらい、これで合っているのかわからない という場合はお気軽に下のLINE@からご質問をどうぞ!

 

 

 

それでは!

 

 

 


↑↑ LINE@はじめました! ↑↑

ID→@ewi9862i

歌やボイトレに関する質問 なんでもジャンジャンお答えいたします!

お気軽に友だち追加お願いいたします!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です