ボイトレ

音量のバランスを変えると歌いやすくなる!

 

 

 

こんにちは。

池袋のボイストレーニング教室

vocal school RESOUNDの松永 英士です。

 

 

昨日はLIVE出演のため千葉に行ってきました!

以前は、足しげく千葉周辺に通い、よくLIVE Bar等で歌わせていただいてました。

久しぶりの千葉でのLIVE!

昨日はとてもオシャレなお店でした!

ありがとうございました!

 

 

 

 

LIVEをする際、お店の構造上、音が若干変わったり、いつもの練習通りの音とは違ってしまったりします。

初めての会場なら尚更ですね。PAさん(音響さん)とのコミュニケーションが必要不可欠です。

そういったこともあり、ほとんどはLIVE本番前にリハーサル、サウンドチェックを行います。

例えば、「ドラム側にボーカルがよく聴こえるようにしてください~」とか、「ボーカル側にベースください~」とか、ステージ上で 演奏して試しながら それぞれで好みや、やりやすいバランスにしてもらうようPAさんにお願いします。

そして、うまい具合に決まってきたら「じゃ本番はこの感じでお願いしますー!」といった形で、みなさんにLIVEを楽しんでいただくために、演者はオープン前の会場で こういった流れを当日踏んでいます。

 

さてさて、みなさんはカラオケで歌う際、

音のバランスを考えていますか?

 

「いや~ 考えたことないなー」って方や「あんま触りません」って方がほとんどではないでしょうか?

前のお客さんの設定のままだったり、規定のバランスに設定されたままだったり。

せっかくなので、いろいろいじってみると良いですよ!歌いやすさが全然変わります!

 

なぜなら、人には いろんな声質があります。

マイクに乗りやすいキンキンした声だったり、やわらかなうっすらとした声だったり、特徴は様々です。

であれば、それに合わせたセッティングにした方が音の聴こえ方も変わります!

そして、曲調によっても同じことが言えます。

アップテンポな曲のように元気よく歌いたい曲や、バラードのようにゆっくり聴かせたい曲など。歌い方や曲の雰囲気をより引き出すセッティングがあります。

カラオケの部屋に入った際に、まずマイクに「はっ!はっ!」と声を出しながら調整します。

すると エコーが強い場合は とても響きます。

確かにエコーがあると歌いやすくはなりますが、強すぎると逆に声の輪郭が曖昧になりボワンボワンとして、声の全体像が掴みにくくなります。わかりやすく言うと エコーで誤魔化しているような状態です。

 

オススメは カラオケの機械にもよりますが、エコーは18〜11だいたいくらいの幅で動かすといいです。

ちょっと幅を設けてあるのは、やはり好みがあるのと、曲調によっても変わってくるからです。

例えば、アップテンポの場合は声の輪郭が割とハッキリと聴こえた方が言葉のリズムや際立ちが良いのでエコーを少なめにし、バラードの場合は多少の残響が残った方が 声の余韻や優しく歌えば まるで聴く人の耳元で歌っているような効果をもたせる事ができると言われています。

そして、カラオケの音量に対するマイクの音量ですが、歌っていて すぐ疲れやすい方は、カラオケの音量をちょい下げめにして、マイクの音量をちょい上げくらいがオススメです。

カラオケの音に負けないように無意識にどんどん大きな声で歌ってしまっている という場面をよく見かけます。

実は 結構よくあるパターンで、どんどん大きな声になってしまい、フルで歌うと疲れてしまう。

カラオケでは、マイクという声を増幅する機械があるので、大きな声を出しすぎなくて全然OKなんです。大きな声は ほどほどに マイクの音量をちょっとだけ上げるようにしましょう。

かといって、上げすぎるとハウリングを起こしますので、自分の声が聞こえるレベルを探してみてくださいね!

 

みなさんの歌や声には、それぞれに合うセッティングが存在します。

なかなかこちらからの一方的な文面では、個々へのアドバイスがしずらいですが、一人でカラオケに行かれた際は、ちょっとセッティングをいじって歌ってみて、自分のセッティングを探してみてください。

音のバランスをとるトレーニングにもなりますよ!

 

もし どうしても自分のセッティングがわからないようでしたら、以下のLINE@から 歌っている音声を聴かせていただければ だいたいのセッティング方法をお答えいたしますので、お気軽にどうぞ!

 

それでは!

 


↑↑ LINE@はじめました! ↑↑

ID→@ewi9862i

歌やボイトレに関する質問 なんでもジャンジャンお答えいたします!

お気軽に友だち追加お願いいたします!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です