ボイトレ

しゃべり声について

 

こんにちは。

東京 池袋のボイトレ教室 vocal school RESOUNDの松永 英士です。

 

今日もガッツリレッスンありがとうございましたー!

そして、今日のテーマは

「日常会話」です。

しゃべり方、話し声、癖や、活舌・・・

 

これらも、ボイトレを始める上で改善したい悩みとして、よく耳にします。

特に活舌は歌にもかなり響くので、やっぱり気にされる方が多い印象です。

滑舌は、歯並びや舌の長さだけで決まるものではありません。

呼吸も大きく関わってきます。

 

例えば、鼻の通りが悪く、口呼吸が習慣化すると、ずっと口を開けているため口を閉じる筋力が弱り、発声で使う表情筋も動きが鈍くなります。

この表情筋は、歌でも非常に使う筋力で、日本人は 日本語の発声の特性から この表情筋が弱いと言われています。

ただでさえ弱い表情筋ですから、口呼吸により、さらに動きが弱くなるわけです。口もとが緩く、よく食べ物を口からこぼすなどが、まさにこの影響です。

 

そして、口の動きが鈍くなる事で、舌の筋力も緩み始めます。

舌の筋力が緩むと、

特に「か行」「さ行」「た行」の発声が曖昧になりやすいです。

滑舌でお悩みの ほとんどがの方が、舌の動きや筋力が適正に機能していない場合を目にします。

これは、舌の筋力の弱さを補うトレーニングをしていけば改善は もちろん可能です。どのように力を入れるか、どのように動かすかをしっかりイメージして体現するトレーニングです。

これにより、発声のコツが徐々にわかってきます。

 

口の筋力と舌の筋力、呼吸の流れ、

これらを矯正するだけでも滑舌改善の手助けになりますし、プレゼンや日常会話でも自信持って発言できるようになります。歌でも言葉の輪郭がはっきりするので、相手に言葉が届きやすくなります。

声は、一長一短で今すぐに身につくものではありませんが、日常生活で習慣化させる事で、短期間でも確実に自分のものする事は可能です。

 

もし、少しでもお悩みがある方は、アドバイスいたします!

お気軽にお問い合わせください!

 

それでは!

 

↑↑ LINE@はじめました! ↑↑

ID→@ewi9862i

歌やボイトレに関する質問 なんでもジャンジャンお答えいたします!

お気軽に友だち追加お願いいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です