ボイトレ

高音、ハイトーンボイスの出し方について

 

こんにちは。

 

池袋のボイトレ 教室

vocal school RESOUNDの松永 英士です。

 

 

今日は、ちょっと突っ込んだ内容を記事にしてみようと思います。

それは、皆さんが気になっているであろう「ハイトーン」についてです。

 

ハイトーン、高音の獲得は、ボイトレを始める目的 堂々の1位なんじゃないかってくらい 皆さん重要視されてますよね。

 

「あの曲をもっとかっこよく歌いたい!」

「音域を広げて もっと楽になれたら!」

「あのアーティストみたいに歌うには どうすればいいの!?」

 

いろいろ思うところはあるかもしれません。

もちろん  かつての私もそうでした。

力押しで高音を出すと一曲がせいぜい限界で、すぐ喉が枯れてしまい、もう使い物になりません。

何度 喉を傷めて歌えない期間を味わったことか・・・

そんな時が一番辛かったです。

 

歌いたいのに歌えない

声が出ない

このまま声が戻らないんじゃないか

 

などなど いろいろ沸々と考えました。

 

 

今やネットで調べると、いろんな歌い手さんやトレーナーさんが動画付きでミックスボイスのコツを提唱されてますよね?

いろんなやり方や練習法が出てきます。

めっちゃ出てきます。

 

むしろ いろいろありすぎて何をやったらいいのか わからなくなるパターンまっしぐらです。

熱心であればあるほど、混乱する恐れがありますし、いらない癖をゲットする可能性もでてきます。

焦りは禁物です。

 

ちょっと考えてみてください。

動画によって、トレーナーさんによって「ミックスボイス」について言ってる事が違うことが結構あります。

これって、それぞれで感じてる事、つまり人によって体感が異なってるんですよね。

もちろん正しい知識で的確にアドバイスできるトレーナーさんもいらっしゃいますが、教える側の認識も抽象的で曖昧でユルユルな場合も残念ながら多々あります。

 

ぶっちゃけ

 

ミックスボイスはハイトーンを出すための裏技じゃないです。

 

曲には適正な声色が存在します。

パワフルなロックでも、軽快なソウルでも、しっとりとしたR&Bでも、高音は全部がミックスボイスだと考えるのは、私は違うと思います。

綺麗なミックスボイスだけでなく、力強く地声でハイトーンも出せたら、それだけで表現は広がりますし、引き出しは多くなります。使い分けです。

 

もちろん ミックスボイスを否定しているわけではありません。

最近の風潮なのか、ひたすらミックスボイスの出し方を躍起になって探している書き込みや声を耳にしたので、今回ぶっこませていただきました(笑)

 

適正なトレーニングをすれば、ミックスボイスの獲得はできますよ!

安心してください。

ただ、選択肢は それだけじゃなく、地声でのハイトーン、裏声でのハイトーンなど、様々な声色が 皆さんの声には隠されているってことです!

そのヒントを一緒に見つけるお手伝いをするのが私たちボイストレーナーです。

あなたにピッタリなトレーナーは必ずいらっいしゃいます!

そして、あなたにピッタリな発声法も必ずあります!

 

いくらでも私たちボイストレーナーを頼っちゃってください!(笑)

 

あ 長くなりすぎた(笑)

今度は、具体的なポイントも交えたりして記事 書いてみますね!

 

それでは!

 

 

↑↑ LINE@はじめました! ↑↑

ID→@ewi9862i

歌やボイトレに関する質問 なんでもジャンジャンお答えいたします!

お気軽に友だち追加お願いいたします!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です